1. TOP
  2. 茶会・講習会
  3. 2019/3/31 楽茶塾 中国茶器の四都物語【宜興・景徳鎮・潮州・鶯歌】 〜四大名窯の土と製法
  1. TOP
  2. 茶会・講習会
  3. イベント
  4. 2019/3/31 楽茶塾 中国茶器の四都物語【宜興・景徳鎮・潮州・鶯歌】 〜四大名窯の土と製法
  1. TOP
  2. 茶会・講習会
  3. 初級
  4. 2019/3/31 楽茶塾 中国茶器の四都物語【宜興・景徳鎮・潮州・鶯歌】 〜四大名窯の土と製法
  • 2019/3/31 楽茶塾 中国茶器の四都物語【宜興・景徳鎮・潮州・鶯歌】 〜四大名窯の土と製法
誰も気軽に参加できる! 〜異なる中国茶文化を楽しもう!

2019/3/31 楽茶塾 中国茶器の四都物語【宜興・景徳鎮・潮州・鶯歌】 〜四大名窯の土と製法

商品番号: 201903rakucha

料金: 4,500 (税抜)

0 ポイント獲得!

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
初級上級
中国茶器の四都物語 【宜興・景徳鎮・潮州・鶯歌】
〜四大名窯の土と製法の違いによるお茶の風味に与える影響〜

時間 : 2019年3月31日10:30-12:30

場所: 華泰茶藝館3F

金額 : 4500円(税別)
---------------------------------------------------------------
 古代から様々な名窯が生まれ、各時代のお茶に合う茶器が作り上げられました。
 中国茶・台湾茶を勉強する人にとって、非常に興味深いテーマです。台北の故宮博物院には、皇帝用につくられた陶磁器作品が多数展示され非常に人気が高く、その目を奪うほどの美しさに感動した方が多いと思います。
 唐代の青磁・宋代の黒磁・元代の青花・明代の白磁・清代の紫砂茶器など、それぞれの時代に流行するお茶とともに、茶器への嗜好性と生産技術は、ともに進化し続けてきました。そして、多くの文学者達は、それぞれの時代で主流となるお茶と茶器に関して、沢山の詩詞など文学作品を残しました。
 一口に陶磁器と言っても、材質・焼成方法・温度・窯構造・職人技などの違いによって、千変万化の逸品が生まれます。当店の長年の研究では「器為茶之父」のように、より美味しく淹れるためには、お茶と茶器の相性が極めて重要であると言えます。同じ素焼きの急須や磁器の茶杯でも、産地によってお茶の風味への異なる影響が見受けられます。
 初心者にとっても上級者にとっても「いかに手元のお茶に相応しい茶器を選び、その魅力を引き出し伝えるか」「現代四大名窯作品の特徴と見分け方」「正しい茶器の選び方」「台北故宮博物院の陶磁器を上手に勉強できる方法」などは非常に大切な課題だと思います。
 今回の楽茶塾は、今までとは違う「現代中国茶器」の視点から、中国茶器の発展・現在・未来を見据え、店主自ら鋭く解説し、厳選した合計5種類の秘蔵茶も、お楽しみいただけます。
---------------------------------------------------------------
<内容>
茶器とお茶の科学概論
宜興・景徳鎮・潮州・鶯歌の発展史・現状・未来
現代四大名窯(宜興・景徳鎮・潮州・鶯歌)に関する古典詩文
紫砂・カオリン・潮州・鶯歌の土で作られた茶器と美味しく淹れる研究
厳選された、店主秘蔵茶5種類の競演
---------------------------------------------------------------
<茶譜>予定
正山小種紅茶、武夷北斗正岩茶、老木の鳳凰単叢、大禹嶺烏龍茶、
正叢鉄観音王
---------------------------------------------------------------
PS:
当日、飲んで美味しかったお茶は、数量限定ですが販売予定です。
(ご自宅に帰って、もう一度再現できると思います。お楽しみに)

PAGETOP