花茶を代表する、日本でもとても有名なジャスミン茶。ベースとなるお茶の種類、ランク、ジャスミンの花の種類、加工の方法の違いによって、たくさんの種類のジャスミン茶が作られています。

ベースになるお茶を大別すれば、中国大陸は≪緑茶をベース≫に、台湾では緑茶に近い清茶(包種茶)と呼ばれる≪烏龍茶がベース≫に作られます。また、ジャスミンの花にはいくつかの種類がありますが、ジャスミン茶に使われる種類としては、「マツリカ」と呼ばれるアラビアンジャスミンが有名です。

ジャスミンの香りには、<鎮静効果>や<抗うつ作用>がある事が知られています。日本では、中華料理とジャスミン茶を合わせて楽しむことが多かったため、<消化促進><口臭予防>のイメージが強かったように思いますが、実はこの花の効用とお茶を組み合わせることによって、ジャスミン茶には<気分転換がはかれる><不安や憂鬱を軽減できる><リラックス効果が不眠に役立つ>などの効能があるとされています。

中国茶・台湾茶専門店の華泰茶荘では、上質な香り高い大陸産の<真珠花茶>とソフトに包み込むような優しい台湾産の<ジャスミン茶>、2種類をご用意しております。

    現在、商品はございません。

    PAGETOP