【鳳凰単叢の由来と歴史】
広東省を代表する歴史的な銘茶に、鳳凰単叢があります。このお茶は広東省潮州市にある名山、鳳凰山で育った茶木から作られるお茶です。この山よりさらに標高の高い烏棟山で育った茶木から作られるお茶を烏棟単叢と呼んでいます。
樹齢数百年の茶木も存在し、そうした木から作られる茶を特別に宋種単叢と呼んでいます。皇帝が興行中に偶然飲まれ、その美味しさを大変喜ばれたのがきっかけで有名になったという伝説もあります。

【鳳凰単叢の特徴】
茶葉は大きく育ちますが、味わいも香りも他の地域では作り出せないほど個性豊かです。蜜のような果実の香り、草原の香りなど様々に表現されるほどで、そのため、その個性を大事にした手間暇かけたお茶作りはこのお茶の種類を豊富にし、有名にしています。

【“宋種単叢” “烏棟老叢単叢” “烏棟単叢” ”鳳凰単叢”】
自然がつくりだす、花のような香りや、果物のような味わいをもつその不思議さに、新鮮な驚きを与えてくれる広東省の銘茶です。一本、一本の樹を大切に守り育て、作るお茶さえ一本の一株ごとにつくり、他とはブレンドしないのが特徴です。

華泰茶荘では、一本、一本の樹を大切にするこの地方のお茶作りの姿勢を大切にするために、鳳凰山に生息する樹齢の若い樹からつくる茶葉を“鳳凰単叢”、標高の高い烏棟山に生息している、樹齢何百年にもなる茶樹を年齢の古い順に、“宋種単叢”“烏棟老叢単叢”“烏棟単叢”と分類しております。

    5の商品がございます。

    PAGETOP