<古茶樹の記憶が現代に蘇る 幻のお茶物語>台湾原生山茶宴

<古茶樹の記憶が現代に蘇る 幻のお茶物語>
             台湾原生山茶宴

 

今回のテーマは、「古茶樹の記憶が現代に蘇る、幻のお茶物語」です。

店主が入手した幻の「原生山茶」品種で作られたお茶を飲み比べながら、
清代・日本統治時代の文献から茶葉研究所の最新研究まで、
「台湾原生山茶」の歴史・文化から製造・科学までを解明しご紹介します。

 

台湾烏龍茶の王者である「青心烏龍」の単一品種の現代茶畑と全く異なる正反対の、
原始林の日陰でたくさんの植物と共生し、多様性を持つ「台湾原生山茶」の
姿を追いながら、「原生山茶」の今後の動向を分析します。

台湾原生山茶の茶樹は中央山脈東西部の森林に点在し、
お茶の種で実生するため、多種多様で、複雑な風味を持っています。
そして、茶葉含有成分は一般のものと比べると異なるため、一番適した製造方法と
美味しい入れ方も追求します。

また、今回提供するお茶は、生産量がわずかで、
現地でも入手不可能と言われる逸品が楽しめる、贅沢な茶会です。

この機会に、ちょっとマニアックな世界も覗きながら、
「台湾原生山茶」の魅力を存分に味わってみませんか?

 

幻の「台湾原生山茶」を贅沢に飲み比べ
豊富な資料で紹介する古典から最新情報
台湾山茶」の香りと味の仕組み、製造方法、
    淹れ方について科学的に分析

(写真は台湾の雑誌「経典」より転載)

日時: 2017年5月7日(日) 11:00~12:30
場所:  華泰茶荘 渋谷店
講師:  5代目店主 林 聖泰
費用:  5,000円(税別)

 

お申し込みお問合せは 華泰茶荘店頭 または 電話03-5728-2551まで

 

 

Comments are closed.