Category Archives: イベント情報

「お茶をしながらおもてなし」の極意

「お茶をしながらおもてなし」の極意
どなたでもご参加いただけます 4回にわたり、お茶にまつわるおもてなしの極意をお話しします。   お茶でおもてなしをする時、 どのようなお茶をどのように淹れ、味わい、楽しむのか。 そして、お茶のしつらえをどのようにするのか?という、 お茶席演出を中心のテーマに、「お茶をしながらおもてなし」のシリーズを開催します。 家で友人を招いたり、家族のお祝いをしたり… お茶でのおもてなしシーンがちょっとした工夫で、 きっと印象に残るかけがえのない時間となることでしょう。 蓮芯が今まで経験してきたお茶でおもてなしのノウハウなどを交えながら、 背伸びしないおもてなしのコツをお伝えしたいと思います。  
【第3回】「二十四節気と季節のこと」
時間:8月20日(日) 11:00~12:30 
場所:華泰茶荘 渋谷店4Fの茶室 
講師:tea stylist 蓮芯 
 
 
◆cha-bliss鈴木香代
中国茶インストラクター、日本茶インストラクター、
食空間コーディネーターなど茶空間コーディネーター。
著書:『tea time style お茶のたのしみ』・『二十四節気の中国茶席のしつらえ』

◆t-rooms室由美子
中国政府認定高級茶芸師、中国茶インストラクター。
フリーのリポーターとして、その特技を活かし、
聴覚からもお茶をたのしむことを提案。朗読茶会など、
さまざまな趣向をこらした茶会を開催しています。
  参加費 : 1講座  4,900円 (税別)
第1回目 4月23日(日) 「お茶でおもてなし基本編」
 終了
第2回目 6月11日(日) 「テーマの表現と、夏を感じるしつらえ」
 終了
第3回目 8月20日(日) 「二十四節気と季節のこと」
  お申し込みはこちら 
第4回目 10月15日(日) 和の素材を使ったしつらえ 秋から冬を感じる」
  お申し込みはこちら
お問合せ・お申し込み: 店頭・℡03-5728-2551・www.chinatea.co.jpまで    ...
Read more

【1/16・17 特別イベント】2016年新年茶会 ≪フォルモサ茶宴≫

2016newyeartop
毎年大好評の華泰茶荘新年茶会も、おかげさまでこのたび17回目を迎えます。 フォルモサとは「美しい麗しい島」という意味を表します。奥深い台湾茶の世界を、来日した先生がわかりやすく紹介し、新年のお祝いにふさわしい厳選されたお茶を存分に楽しめる<2016年の新年茶会>。お茶の製造、官能審査、焙煎と後熟の理論などの深いお話しから、茶器・花・書道・音楽などの茶席と茶芸の美学といった芸術文化に至るまで、十分に堪能できる内容です。 一期一会、本物の台湾茶の世界を是非、お楽しみ下さい。
 ◆ 第一部 台湾茶芸の美学~茶・器・花から
 2016年1月16日(土) 10:30~12:00  王玉鳳先生
茶芸と茶席の理論を、初心者の方にもわかりやすく基礎から伝授する講座です。茶器の選択と配置、花の取り入れ方、茶席の命題と構図などの美学理論を、先生のお手前と茶席の実演を交えながら詳しく解説します。現地第一人者のお話を直接聞くことが出来る大変貴重な機会であり、また現代台湾茶席と茶芸の美学を間近で感じ、実際に台湾で開催された貴重な茶会の写真を見ながら、すぐに日本でも応用することができる楽しい授業です。
 
 ◆ 第二部 台湾茶席の美学~四季茶席から
 2016年1月17日(日) 10:30~12:00  王玉鳳先生
茶席が初めての方、より魅力的な茶席を創りたい方、どんな方でも楽しめ、台湾茶席と茶芸の美学を実演と映像を通じて理解することができる講座です。茶席という空間の中に、春夏秋冬の四季の移ろいを如何に取り入れ、茶器や茶具、花、小物などで演出するかを解説します。先生が、自ら創作した四季をテーマにした茶空間を実際に体験し、より直感的に茶席と茶芸の美学が体感できます。美しい茶席を作りたい方にとって、とても貴重なプログラムです。
 

配送時間指定

宅配便でお送りいたします。
代引き手数料(税抜):1万円未満300円、1万円以上3万円未満400円、3万円以上10万円未満600円
またお時間・お日にちの指定も可能です。

サイト内検索

アクセス

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-18-6

google Google MAP

walking 道案内

Telephone: 03-5728-2551
FAX: 03-5728-2557
email: order@chinatea.co.jp

 ◆... Read more

【12/23(水・祝)イベント】楽茶塾 冬韻茶宴 ~宜興紫砂茶器と冬の新茶物語~

楽茶塾 冬韻茶宴 ~宜興紫砂茶器と冬の新茶物語~

中国茶ビギナーでも気軽に参加できて、中国茶の奥深さを知ることが出来る「楽茶塾」。 第6弾は、宜興紫砂の急須を極めつつ、店主厳選の美味しい冬の新茶を楽しめる<冬韻茶宴>です。 宜興の紫砂壺は、江蘇省宜興市で生産されてきた、素焼きの陶器の急須のこと。 宜興の古い壺には「荊渓」「陽羨」という字が、入っているものがあります。 春秋戦国時代には、宜興を「荊渓」、秦漢代では「陽羨」と呼んでいました。 宋代に入って、ようやく「宜興」と呼ばれるようになります。 そこで今回は、その発展史や独自の製造方法と焼成方法、 また土質の違いや茶壺の良し悪しなどを見分ける判別法など、 宜興の紫砂について様々な解説をしていきます。 そして、特別に厳選された極上の烏龍茶を、4種類ご用意しました。 異なる材質の宜興紫砂を使い、風味や香りの違いを楽しみながら、 その差を科学的な見地から解明していきましょう。 今年最後の、店主からのクリスマスイベント的な楽茶塾。 プレミアムな1時間半を、是非お楽しみ下さい! 日程:12月23日(水・祝)11:00~12:30 …………………………………………………………………………… 料金:4,900円(税込) …………………………………………………………………………… 講師:五代目店主 林 聖泰(高級茶藝技師・評茶師) …………………………………………………………………………… order...
Read more
■送料表(60サイズ 税抜)
北海道 北東北 南東北 関東
700 500 500 500
信越 中部 北陸 関西
500 500 500 700
中国 四国 九州 沖縄
700 700 700 1,000
一箇所につき、5,000円(税抜)以上お買い上げの場合送料が無料(沖縄・離島を除く)になります。

■返品・交換について

お客様のご都合によるご返品にはご対応できかねますので予めご了承ください。商品到着後、中身のご確認を必ずお願い致します。
※詳細は【特定商取引法】【華泰茶荘ポリシー】をご確認下さい。