インストラクター養成講座

茶藝師・評茶師・中国茶講師・茶藝館店主・日本市場の経営者を育成するスペシャルプログラム

<中国茶インストラクター養成コース>

【参加資格】
1. 華泰茶荘開催一般講習会「初級コース」「中級コース」「上級コース」を修了された方
2. 厳しい授業に真剣に臨みたいと考える方

【コース内容】
1講座3時間。月に1回開催。毎年1月より開講し、計12回で終了します。

【目的】
中国茶専門講師・中国茶藝師・中国茶茶藝館店長・中国茶鑑定師・国際中国中国茶藝師・中国茶文化研究者の基礎、国際茶文化交流人材の育成

【中国茶インストラクター養成コースについて】
中国茶も大分、日本で浸透してきましたが、今後はますます専門性の高い知識・技術が問われる時代です。
当中国茶インストラクター養成コースは、名実ともに中国茶のプロを目指す方を対象としており、1999年1月に第一期からスタートした、日本で初めての中国茶のプロを養成するためのコースです。

<中国茶・台湾茶>の生産・販売・流通に精通するだけでなく、<中国茶・台湾茶>を中心とする“茶文化”の知識・教養を身につけたプロを育成するために、一年間をかけ、テイスティング試験、台湾への茶葉作り研修、研究論文提出、茶芸試験などを経て、真の実力を習得していただきます。

月に一度行われる授業では、「お茶の製造」「美味しいお茶の入れ方」「茶藝」「ティーパーティー」「茶道具の設計と配置」「泡沫緑茶・泡沫花茶・泡沫紅茶の作り方」「茶料理」「茶請け」「茶藝館の経営」「中国茶の教育法」など、毎回バラエティ豊富に専門性の高い内容を取り上げ、少人数制による密度の高い講義が行われています。

中国茶インストラクター協会公認の「中国茶インストラクター」資格を取得するには、以上のような厳しいプログラムを習得し、最終的に国際基準に沿った茶藝試験に合格し、国際的な実力を認定されることが必要となります。

また、少人数制のカリキュラムですので、受講生同士の交流密度が高く、人脈も広がります。

コース修了後は、中国茶文化の普及とインストラクターの情報交換のため2001年に設立された「中国茶インストラクター協会(JCIA)」に入会することが可能で、さまざまな情報交換や活躍の場が用意されています。
現在、中国茶インストラクター協会には、約200名近い中国茶インストラクターが中国茶の普及のために日本国内を問わず、台湾・中国・欧米でも活躍しています。本物の実力を備えたプロとして、日本人では最高の、茶藝技師・評茶師も輩出しました。

※JCIAに所属していない「インストラクター」資格は、「中国茶インストラクター協会」とは、全く関わりがございません。名称を混同しやすいのですが、各人が要する実力は、全く異なるものです。

インストラクター養成コース・募集概要(pdf)

 

応募資格 華泰茶荘の初級・中級・上級をすべて受講した方
申込書の締め切り [一次締切] 2016年12月04日(日)
[二次締切] 2016年12月24日(土)

詳しい内容・応募につきましては、華泰茶荘渋谷店まで店頭、またはお電話にてお問い合わせ下さい。(℡03-5728-2551)

件名を インストラクター養成講座問い合わせ と明記のうえ送信願います。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

件名

取得済資格(複数選択可)
初級評茶員初級茶芸師中級評茶員中級茶藝師高級評茶員高級茶芸師評茶師茶藝技師高級評茶師高級技師

メッセージ本文