新着情報

2019.04.29 2019年第4回「楽茶塾」
「観音」物語。 〜鉄観音の進化、そして鳳凰観音へ〜
 香港・シンガポール・台湾・マレーシアなどの華僑達に人気の高い、鉄観音茶を徹底に分析しましょう。
 産地、品種、季節、製造方法によって異なる鉄観音の魅力を分かりやすく解説します。日本でも、良く飲まれて知名度も高いお茶ですが、意外にも謎に包まれ正しい情報は知られていません。調べてみると、意外に異なる側面が垣間見え、中国茶・台湾茶を勉強する方にとって、非常に興味深い多面性があります。値段もリーズナブルなお品から超高級品まであり、選ぶ基準に困ってしまう方にポイントも解説します。
 今回の「観音物語」は、発展史・現状・将来像に焦点を絞り、茶園風景・製造技術・生産情報を紹介し、店主が厳選されたタイプの異なる5種類の「鉄観音」を飲み比べます。
------------------------------------------------
日程:2019年6月15日(土)10時30分〜12時30分
費用:¥4500(税別)
講師:林 聖泰 (林華泰茶行 5代目 ・ 日本華泰茶荘 店主)
場所:華泰茶荘 渋谷3階
---------------------------------------------------
<内容>
安渓鉄観音の発展史、現状と将来
木柵鉄観音の発展史、現状と将来
正叢鉄観音と鉄観音の新品種(黄観音、金観音、悦茗香…)
鉄観音プロの製茶造技術と「音韻」の世界
鉄観音茶の「国家標準」・「地方標準」と評茶用語
コンテスト受賞の鉄観音紅茶
美味しい鉄観音工夫茶の入れ方と茶藝
観音紅茶VS正叢鉄観音VS新品種の競演
---------------------------------------------------
<茶譜>予定
1)観音紅茶
2)安渓観音王
3)新品種の鉄観音
4)木柵鉄観音コンテスト受賞茶
5)初公開!「鳳凰観音」

※当日参加者には、お茶と茶器を一部、お譲りすることができます。
詳しくはこちら
2019.05.01 2019年8月3-4日二日間集中 <NEW!中国茶プロ養成講座>♪
【プログラム内容は最新情報を加え、大幅にアップグレード】
---------------------------------------------------------------- 
レストランやカフェだけでなく、雑貨店、マッサージやアロマテラピーのお店などでも取り上げられている中国茶・台湾茶。

一方で、中国茶・台湾茶に関する正しい知識は、まだ日本で広く一般的に定着しているとはいえません。

そこで、華泰茶荘では、中国茶を取り扱うお店、企業の皆様の要望におこたえし、基本的な知識を備えた中国茶のプロを養成するための中国茶講座を企画いたしました。

この講座では、すぐにお仕事に活かしていただくことができるよう、
講義と実技をバランスよく組み合わせた内容を、効率よく2日間という短期間でお教えいたします。
----------------------------------------------------------------
特 典:
★この講座を受講することにより、
1)「中国茶インストラクターコース」の受講資格を取得
2)NPO法人中国茶文化協会認定の「中級中国茶アドバイザー」の資格が取得可能
----------------------------------------------------------------
遠方より上京され、交通費、宿泊費のかかる方、ご多忙のためなかなかお時間が取れない方には、非常に効率よく勉強ができ、魅力的な内容になっています。
-----------------------------------------------------------------
詳しくはこちら
2019.05.05 2019/9/14-16 「国家資格」の<初級中国評茶員>能力養成講座 

詳しくはこちら
2019.02.08 2019/2/23 「国家資格」茶藝師・評茶師の説明会とミニ体験講座
2019年度国家資格の「茶藝師」「評茶師」講座
-------------------------------------------------------------
【茶藝師講座】→茶店、茶館、カフェ、サロン、文化教室
2019年度
1)初級茶藝師能力養成講座 3月21ー23日
(中級茶藝師本講座の受講資格を得る、能力検定のみ)
https://www.chinatea.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=3130
2)5月2-6日中級茶藝師本講座(国家資格付与)
-------------------------------------------------------------
【評茶師講座】→茶店、仕入れ、現場と工場の生産管理、品質判定
1)初級評茶員能力養成講座 9月14-16日
(中級評茶員本講座の受講資格を得る、能力検定のみ)
http://www.chinatea.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=3129
2)10月11-14日中級評茶員本講座(国家資格付与)
詳しくはこちら
2019.05.06 GW限定の通信販売<5/5までの受付>終了 !
5/5までの期間限定ですが、2019春の新茶が入荷し、在庫が対応できるお品に関しては、ご注文いただけます。
----------------------------------------------
日程指定は基本的にできませんが、
時間指定は承ります。
----------------------------------------------
なにぶん、店主が日本にいる時期だけの期間限定になりますので、ご希望のお茶が購入可能になっている場合は、数ヶ月分の在庫確保も考えてご注文いただきたくお願いいたします。

一部在庫がなく対応できない茶葉・茶器もあることを何卒、ご理解の上、ご了承くださるようお願いいたします。

また、ご存知のように、昨今の宅配便事情により、運賃値上げが続いております。当店も通販も、配送料の値上げ分を負担するために、今後は「8000円以上送料無料にシステム」を変更させていただきます事をご理解くださるようお願いいたします。(8000円に満たない場合の送料に関して、地域によって配送料が変わってまいりますので、ご確認ください。)

何卒よろしくお願いします。
2018.03.01 ★お客様へ 大切なお知らせ★
謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

日本華泰茶荘は、東京・芝大門に1996年7月にオープンし、その後2000年11月に東京・渋谷に本格的な茶藝館を併設する店舗をオープンしました。

ひとえに、「少しでも多くの日本の皆さまに、多くの美味しいお茶を知っていただきたい」一心で、講習会やイベントなども数多く開催し、受講者人数は延べ100万人を越えるまでになりました。

PHP出版より「美味しい中国茶」の本が出版され、NHKの「おしゃれ工房」「趣味悠々」「テレビで中国語」などにも出演させていただき、中国茶の普及のために一定の役割を果たすことができた。と感じております。

日本店開店以来、多くのお客様にご愛顧いただき、22年間営業を続けてまいりましたが、この度、3月末日をもちまして、閉店させていただくことになりました。

台湾本店を守ってきた社長が80歳を超える高齢になり、私もこのまま看過できない状況になりました。

今まで、ご愛顧いただいたお客様には、心より感謝申し上げます。

今後は、3階茶藝館を貸し切りで、年に何回か、「新茶飲み比べ会」「2日間集中講座」、中国政府認定の「中国茶藝師」「中国茶評茶員」などを定期的に開催したいと考えています。

また、台湾茶の魅力を知っていただいた皆様のために、将来的には、台湾本店より個人輸入で直送できるホームページの作成なども計画しています。

国境を超えて、中国茶を通じて知り合えた「茶縁」を大切にし、自分の原点である台湾に一度立ち還り、現地の茶畑などを視察してまわり、自身の研鑽を積み、また、皆さまに還元できれば。と思います。

私は、大学院留学生として来日して26年の歳月を日本で過ごして参りました。
今まで頑張ってこれたのは、日本の皆さまの応援やご愛顧のお陰だと、心より感謝しております。

今回、一つの節目を迎えますが、また、ご縁があれば、「お茶作りツアー」や講習会やイベントなどでお会いできる機会があれば、嬉しく思います。

2018年3月1日

日本華泰茶荘 店主 林 聖泰
詳しくはこちら
2015.06.29 【重要】サイトリニューアルに伴うログイン方法変更のお知らせ
平素は、華泰茶荘をご利用いただき誠にありがとうございます。
この度、サイトリニューアルに伴いログイン方法が変更となりました。
旧サイトでご利用いただいておりましたお客様は

ID
パスワード

にてログインいただいておりましたが

メールアドレス
パスワード

に変更となります。
ご登録いただいておりましたメールアドレスと、今までご利用になられていたパスワードでログインをお願いいたします。


尚、パスワードをお忘れになったお客様は

ログイン → パスワードを忘れた方

よりメールアドレスと姓名をご入力いただき、次へお進みいただきますと
登録時の電話番号を尋ねられますので登録されている電話番号をハイフンなしでご入力ください。
パスワード再発行のメールが送信されます。

それでもログインできない場合は、お手数ですがお問い合わせフォームよりご連絡ください。

ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

PAGETOP